虫歯、しっかり治そう

虫歯ができたら必ず歯科に行こう

歯科が怖いなどの理由から虫歯があっても虫歯の治療を行わずに虫歯をそのままにしてしまう人がいますが、虫歯は治療をしなければ治ることはないので虫歯はどんどん進行して虫歯をどんどん悪化させてしまいます。
虫歯の症状としては歯の痛みなどが一般的な症状となっていますが他にも虫歯ができることによって、口臭の原因になったり、頭痛や肩こりといった症状まで引き起こしてしまいます。
虫歯が一個できるだけでもいろいろな症状を引き起こしてしまうので、虫歯ができてしまったら必ず治療してもらう必要があります。
それでも、治療を行わずに虫歯をそのままにしていれば虫歯の菌が顎の骨に入ってしまったり、虫歯が原因となって死に至る場合もあります。
歯科での虫歯治療のイメージとして、歯を削って虫歯を治療するイメージを想像される人もいますが最近では治療技術も進化していて、歯を削らないで虫歯を治療する方法も可能になっています。
歯を削らない治療方法はレーザーを使った治療方法になっていて、歯を削らないだけじゃなく痛みも感じないで虫歯を治すことができるので、歯科が怖いという人や歯を削る音が苦手という人にもレーザー治療は最適な治療方法になっています。

歯科は歯を治すだけではない

歯科、と聞くと、誰もが歯医者であり、歯を治す病院であると理解していることでしょう。
実際、歯が痛いから行き、歯を治してもらうこと以外のことをしてもらう人は一部であることでしょう。
しかし歯医者は、歯を治すだけではありません。
一部の歯科では手術も行っています。
簡単な例をあげるならば、親知らずの抜歯です。
親知らずの抜歯は、れっきとした手術であり、小さい歯医者では紹介状を書いてもらい大きな病院で抜歯しますが、自身の歯医者で抜歯をする医者もいるのです。
他は、歯科口腔外科と看板に書いてある歯医者ならば、顎の矯正なども行っています。
例として顎関節症があります。
上顎と下顎の骨がずれ、噛み合わせも悪くなり、こめかみ近くの顎の骨が鳴ったり、口を開けるときにカクンとはずれるような感じがすると、それは顎関節症です。
口腔外科と書いてあるならば、そこの歯医者の先生は顎などを治療することもあり、先程の顎関節症ならばマウスピースを作ったりすることもあります。
歯医者には、いろいろな問題を抱えて来院する人がおり、また、いろいろな治療が行われていることが分かるのではないでしょうか。
もし口腔周辺に違和感ができた場合には、すぐに大きな病院ではなく、歯医者に行くことでわかるものもあるのではと思います。

おすすめWEBサイト

埼玉県 貸倉庫

輸入住宅

プラチナの買取

プライベートジム 千葉

最終更新日:2017/12/14