虫歯、しっかり治そう

虫歯がなくても小児歯科に通うのは?

子供の頃って歯医者は怖い存在です。
検診だけでも泣いて嫌がる子もいます。
歯が生え始めたら虫歯に注意しないといのですが、まず、歯ブラシを嫌がる子供が多いです。
虫歯を避ける為にも3か月に一度はフッ素加工をしてもらうのをお勧めします。
フッ素加工をしてもらいながら虫歯のチェックもしてもらえるので、もし虫歯が見つかっても早めの治療が出来ます。
しかし、子供はいきなり口を開けてと言われても怖くて開けれないものです。
特に場所にも慣れていないと恐怖は倍増するので、まずは場所を慣れさせる為に2歳ぐらいになったら1か月に一度ほど小児歯科に通うのもいいかもしれません。
小児歯科では虫歯だけではなく、歯並びも指摘しれてくれ、もし問題があればまだ小さい時は矯正などできないので経過観察になります。
子供の歯から大人の歯に変わった時にどのように生えてくるかによって治療が必要か必要ではないか変わってくるのです。
小児歯科ではあらゆる面から歯のチェックをしてくれます。

子供のための小児歯科

虫歯ができてしまうと歯医者に行って治療してもらわない限りは虫歯は治ることはないので必ず歯医者に行かなければなりません。
歯医者に行かないで虫歯をそのままにしてしまうと虫歯はどんどん悪化してしまって、次第に痛みなどの症状を引き起こしてしまうことになります。
痛いなどの症状を抑えようと市販の薬などを飲んだとしても、一時的に痛みは治まりますがそれでも虫歯が治る訳でないので、薬の効果が切れればまた歯に痛みを感じだしてしまうことになります。
子供に虫歯ができてしまった場合も必ず歯医者へ行かなければなりません。
子供の虫歯でも治療してくれる歯医者は小児歯科といって、子供でも安心して治療することができるように治療中に子供の好きなDVDを見せてくれたりと小児歯科は子供のためにいろいろな工夫がされています。
また、子供にとって虫歯の治療中に感じる痛みは大人になってもトラウマになってしまう場合も多いので、できるだけ痛みを感じないように虫歯を治してくれます。

Favorite

戸田市でペット火葬

2017/11/24 更新